atarashism@blog

写真家の日常と表現

庭先の春・・・初めての鍼灸

ゆっくりめの朝。

霜が解け露となっていた。

ホトケノザがあちこちに目立ってきた。

 

立春を過ぎ、春が足元に広がっていた。

 

夕方、知人の強い勧めで鍼灸院に行った。

先日やったぎっくり腰の治療もそうだが、

何よりもウツを治すためにも鍼灸は効果的だという。

体と精神はつながっている。

様々なコリをほぐしていくことで体のバランスを整えることで、

精神のバランスも整ってくるというもの。

 

「痛くない」と言われながらもやはり不安があった。

けれど、治療は丁寧かつ安心・安全に行われ、

気持ちの良い時間となった。

もちろん痛みなどまったく感じなかった。

でも、灸は直ではなかったけど、ちょっぴり熱かったかな。

 

鍼灸初体験は、僕を新たな精神世界に引き込んでくれそうな予感がする。

しばらく通ってみることにしよう。

 

 

庭先に水田を利用したミニビオトープがある。

といっても管理しているのは近所に暮らす叔母だ、

 

カワニナが日だまりで静かに活動していた。

いつの間にか、ヤマアカガエルが卵塊を生み落としていた。

広告を非表示にする