atarashism@blog

萬年写真家の表現と日常

名栗川源流 ウノタワからの帰路、道中散策

先日の続きです

 

atarashism.hatenablog.com

 

ウノタワ入り口での撮影を終え、林道をてくてく寄り道しながら車止めまで。

f:id:atarashism:20210112201652j:plain

山の神入り口

f:id:atarashism:20210112201719j:plain

山の神の鳥居

f:id:atarashism:20210112201747j:plain

山の神を祀る祠

勝手に山の神と言ってはいるものの、定かではない

この祠の周辺にはかつて数件の家があったと記憶する。

少なくとも30年前にはまだ1件存在し、老婆が暮らしていたのを幾度か見かけている。

 

けれど、この山の神は手入れされ、真新しい幣束が収められていた。

里からゆかりの人たちがやってくるのだろうか。

f:id:atarashism:20210112201826j:plain

沢沿いには大きな岩(チャート)がたくさんある

f:id:atarashism:20210112201955j:plain

ボルダリングのチョーク跡が写真的には残念だ。

f:id:atarashism:20210112202115j:plain

 

atarashism.hatenablog.com

 

 

atarashism.hatenablog.com

 

 

atarashism.hatenablog.com

 

 

atarashism.hatenablog.com

 

 

atarashism.hatenablog.com

 

名栗川源流 ウノタワ入り口 凍れる沢を求めて

夜半から記録的な寒波になるという天気予報をもとに、

今朝は未明に自宅を出、まだ暗い林道をてくてく1時間あまり歩いて、ようやく名栗川源流・ウノタワ入り口に着いた。

なぜ、林道を1時間も歩かねばならないのかというと、一昨年(2019年)の大型台風19号によって、ウノタワ入り口へ向かう途中の橋が崩壊、車で行くことができないため、仕方なく歩くのだった。

 

アプローチが伸びたのは残念だが、その代わり、道中、車ではやり過ごしてしまうであろう対象にいろいろと、お目にかかることができ、それはそれで出合いと発見の連続で、ワクワクするものだ。

 

f:id:atarashism:20210112195718j:plain

ウノタワ入り口

林道の終着点、ウノタワ入り口に着いた頃、ようやく空が朝焼けに染まり始めた。

今日の狙いはIce Drops、氷玉だ。
水玉の親分みたいなものか

さぁ、みなさん、とくとごらんあそばせ😁

 

f:id:atarashism:20210112200128j:plain

f:id:atarashism:20210112200143j:plain

f:id:atarashism:20210112200155j:plain

f:id:atarashism:20210112200209j:plain

f:id:atarashism:20210112200222j:plain

f:id:atarashism:20210112200236j:plain

f:id:atarashism:20210112200250j:plain

f:id:atarashism:20210112200305j:plain

以上、8カット連発でした😁

 

f:id:atarashism:20210112200359j:plain

雌鹿です

夜明け前、暗闇の林道を登って来るときにはまったく気づかなかったものの、帰路、道の真ん中に鹿の塊が落ちていた。

 

懇ろに教を唱え、供養してあげました。 南無・・・・。

名栗川源流を行く 有間川の枝沢を訪ねて

今日も有間ダムの上流へ向かう
寒波、寒波というものの、やはりかつてのような冷え込みにはならないようだ。

f:id:atarashism:20210112181129j:plain

鏡面のように静かな有間ダム(名栗湖)

f:id:atarashism:20210112181340j:plain

チャート

このような大岩が忽然と山中に露出しているものが多い。

奥武蔵の典型的な姿だ。

f:id:atarashism:20210112181527j:plain

Ice Drops

f:id:atarashism:20210112181612j:plain

石を抱く

かつて、同名のタイトルで私の師匠が写真展を開いたことがある

奥武蔵のこうした光景を目にするたび、思い出す。

今はその師匠も天にいる。

 

f:id:atarashism:20210112181848j:plain

トチの巨木

f:id:atarashism:20210112181927j:plain

沢の上流

一昨年の台風19号で奥武蔵の沢も甚大な被害を被った。
この沢も、多くの土砂が流され、苔が剥ぎ取られ、おびただしい岩が姿をみせた。

名栗川→有間川→白岩沢 奥武蔵屈指の滝を訪ねる

f:id:atarashism:20210111170447j:plain

沢のそこそこで氷柱が発達していた

f:id:atarashism:20210111170614j:plain

Ice Drops

f:id:atarashism:20210111170718j:plain

有間川大滝(便宜上命名

f:id:atarashism:20210111170849j:plain

白岩沢の滝(便宜上命名

f:id:atarashism:20210111170954j:plain

滝の上部



奥武蔵・棒ノ嶺・白谷沢を行く

 

f:id:atarashism:20210108185855j:plain

杉の植林帯を行く

日本海側を中心に、夜半から記録的な寒波がやって来るということで、

そろそろ名栗渓谷の沢に氷(ツララ)が見られる頃かなと、

今年始めての名栗渓谷へ。

棒ノ嶺の白谷沢を、白孔雀の滝まで歩いてみた。

 

f:id:atarashism:20210108185614j:plain

初めの滝

f:id:atarashism:20210108185725j:plain

水面に氷は見られない

f:id:atarashism:20210108185953j:plain

途中、少しだけツララが

f:id:atarashism:20210108190108j:plain

奥武蔵には珍し大ゴルジュ帯

このゴルジュを抜けるとまもなく白孔雀の滝がある。

昨年の12月以降だったか、定かではないが、飯能地方ではほとんど雨が降っておらず、

沢の水量はわずかだ。

f:id:atarashism:20210108190130j:plain

ゴルジュにかかる鎖場と石階段

一般ルートはもちろん鎖の手すり沿いの階段だが、

今日は正面のゴルジュを抜ける。
ここにもほとんどツララは見られない。

f:id:atarashism:20210108190228j:plain

ゴルジュの中断から下流を望む

申し訳程度に流れる白孔雀の滝。
水量が多いと、本当に孔雀が尾羽根を広げたように美しい。

f:id:atarashism:20210108190247j:plain

白孔雀の滝

白孔雀の滝より上部は緩やかな沢の流れとなり、沢沿いの登山道は程なく林道と交差する。この先山頂までは残り半分程度か。

今日は沢の下見なので、白孔雀の滝より登山道へ抜け、下山した。

寒い寒いと言いつつも、10年、20年前のように凍れる沢には残念ながらお目にかかることはできなかった。

結局はもう少し、標高の高いところまで行かねばならないようだ。



■写真家 新逹也の世界 オフィシャルウェブサイト
http://atarashism.com/

■ロケーションフォト奥武蔵
http://locationphoto.okumusashi.net/

Facebook Tatsuya Atarashi Photography
https://www.facebook.com/tatsuyaatarashism

Instagram atarashism ファインアートアカウント
https://www.instagram.com/atarashism/

Instagram aromagne ポートレート専用アカウント
https://www.instagram.com/aromagne/

以上、よかったら見てくださいね。

 

 

ロケーションフォトシリーズ aromagne Instagram

www.instagram.com

 

 

わんこの散歩 裏山の山の神に新年のご挨拶

f:id:atarashism:20210108195633j:plain

AQUOSで撮影

早朝、わんこと共に、自宅の裏山にある山の神に新年のご挨拶に行ってきた。

元旦から穏やかな日がずっと続いている。

反面、関東が晴れということは日本海側は雪模様ということか。

 

こちらは雨が全く降らないで困っている。

空気は乾燥し、庭には砂埃が舞い上がり、

畑の野菜は水分少なく、みずみずしさが欠ける。

 

こんな時期は火事に要注意。

くれぐれも火の元に気をつけるに越したことはない。

 

■写真家 新逹也の世界 オフィシャルウェブサイト
http://atarashism.com/

■ロケーションフォト奥武蔵
http://locationphoto.okumusashi.net/

Facebook Tatsuya Atarashi Photography
https://www.facebook.com/tatsuyaatarashism

Instagram atarashism ファインアートアカウント
https://www.instagram.com/atarashism/

Instagram aromagne ポートレート専用アカウント
https://www.instagram.com/aromagne/

以上、よかったら見てくださいね。

ロケーションフォトシリーズ aromagne Instagram

www.instagram.com

 

 

高麗山 聖天院 山門の風神、雷神様

f:id:atarashism:20210106150014j:plain

雷神様

f:id:atarashism:20210106150038j:plain

雷神様の指先

f:id:atarashism:20210106150111j:plain

風神様

埼玉県日高市の高麗山聖天院、正面入口を入ってすぐのところに、風格を感じる山門がある。

この山門の両脇に鎮座する木像の風神様、雷神様。
高さおよそ2mほどか、江戸期のものらしいが、その凄みのある風貌は、結界を守るには十分な威厳に満ちている。

拙宅からここまで、徒歩2〜3分。
子どものころから聖天院は遊び場であった。

風神も雷神も、幾度となく見ているわけだが、

それでも、見るたびに、何かハッとさせられるものを感じるのだ。



■写真家 新逹也の世界 オフィシャルウェブサイト
http://atarashism.com/

■ロケーションフォト奥武蔵
http://locationphoto.okumusashi.net/

Facebook Tatsuya Atarashi Photography
https://www.facebook.com/tatsuyaatarashism

Instagram atarashism ファインアートアカウント
https://www.instagram.com/atarashism/

Instagram aromagne ポートレート専用アカウントhttps://www.instagram.com/aromagne/


以上、よかったら見てくださいね。