atarashism@blog

萬年写真家の表現と日常

名栗川源流を行く 有間川の枝沢を訪ねて

今日も有間ダムの上流へ向かう
寒波、寒波というものの、やはりかつてのような冷え込みにはならないようだ。

f:id:atarashism:20210112181129j:plain

鏡面のように静かな有間ダム(名栗湖)

f:id:atarashism:20210112181340j:plain

チャート

このような大岩が忽然と山中に露出しているものが多い。

奥武蔵の典型的な姿だ。

f:id:atarashism:20210112181527j:plain

Ice Drops

f:id:atarashism:20210112181612j:plain

石を抱く

かつて、同名のタイトルで私の師匠が写真展を開いたことがある

奥武蔵のこうした光景を目にするたび、思い出す。

今はその師匠も天にいる。

 

f:id:atarashism:20210112181848j:plain

トチの巨木

f:id:atarashism:20210112181927j:plain

沢の上流

一昨年の台風19号で奥武蔵の沢も甚大な被害を被った。
この沢も、多くの土砂が流され、苔が剥ぎ取られ、おびただしい岩が姿をみせた。