読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

atarashism@blog

写真家の日常と表現

天景

 

周囲を3000m級の山々に囲まれる黒部源流、雲ノ平周辺から

街の光はまったく見えない。

空気中に漂う塵によって光の乱反射はあれど、

間違いなく日本有数の星空が見える場所だ。

おりしも、天空には夏の大三角形が大きく広がる。

はくちょう、わし、こと座それぞれの一等星がまばゆく輝く。

その間を壮大な銀河が南北へ横たわる。

 

嘗て子供たちは夜空を仰ぎ、無数の星々に希望を託し、夢を抱いてきた。

しかし、今、都市部で見える僅かな星の点像からは、何の感慨も生まれない。

最も遠くて近い存在であった満天の星空は、

今や、辺境や離島へ行かなければ見ることができなくなってしまった。

せめて、次代の子供たちには、もう少しましな夜空を見せてあげたい。

 

2004.9.12 天頂付近の星空・黒部川源流・富山

Canon NF1 FD28mm F2.8 RVP100

 

 

※追伸:写真では肝心の銀河が良く見えないのが残念です。

固定露出約1時間は長すぎました。

後半は夜露にレンズが濡れ、星像がやや薄れてしまいました。

広告を非表示にする