atarashism@blog

半農半業 菜園暮らしと写真家の日常

明治の肖像

f:id:atarashism:20190614032233j:plain



明治32年(1899年)阿諏訪(現毛呂山町)生まれ
父親が天性の山師で、祖母が生まれて間も無く、
北海道へ金鉱を求めて野垂れ死。
(私の山師的要因は曽祖父譲りのきらいがあるかも)

 

やむなく祖母は3才で高麗の親戚にあずけられることに。

そこでの暮らしは幼子にとっては、それはそれは厳しいものだったと聞いている。

子守、水汲み、風呂焚き、洗濯、繭取り・・・
まるで使用人ごとくの扱い。

 

親戚の実子は実業学校(旧制中学)を出たにも関わらず、
あづけ子の祖母は尋常小学校さへままならない日々だった。

 

それでも祖母は腐らず一生懸命生きた。。。。

 

18才で私の祖父と知り合い、
同郷とはいえ、当時では珍しかろう恋愛結婚だという。

 

やがて9人の子を産み、7人が育てあげた。
紆余曲折、波乱に満ちた人生だったろう。
けれど、多くの人々に愛され、頼りにされ、
幾多の困難を乗り越えた人生だったとはいえ、
記憶の中の祖母は幸せな生涯だった。

 

f:id:atarashism:20190614032247j:plain

 

特に晩年になって二度の骨折手術は印象深い。
股関節、大腿骨と、致命的な部位だったが、
それでもその都度、厳しいリハビリにも耐え、
再び歩き始めた姿は忘れられない。

 

2000年、6月13日、永眠。

 

その前年、100才を迎えた祖母に、
数奇なご縁からネイティブインディアンの活動家、
デニス・バンクス氏が訪ねてくれた。

 

伝統的な歌とドラムを祖母に披露、
氏があと2年で、3世紀に渡って生きることになるね。
と言ってくれたことが忘れられない。

 

 

f:id:atarashism:20190614032636j:plain

f:id:atarashism:20190614032721j:plain

f:id:atarashism:20190614032737j:plain

f:id:atarashism:20190614032754j:plain

f:id:atarashism:20190614032818j:plain

f:id:atarashism:20190614032834j:plain

f:id:atarashism:20190614032850j:plain

f:id:atarashism:20190614032904j:plain

※2点めの祖母と愛犬のカットは
「おんな 立ち止まらない女性たち 1945-2010」
朝日新聞出版・2010年刊)にも収められている。