読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

atarashism@blog

写真家の日常と表現

宿谷の滝から中野方面へ

 

f:id:okumusashinet:20150721224153j:plain

 

夜明けを待って出かけた。

今朝は宿谷の滝コース。

 

自宅〜新堀〜北平沢〜宿谷〜権現堂〜中野〜五常〜横手〜高麗本郷〜清流〜自宅

 

昨日の雷雨で路面はウエット。

その分、沢の水量は多く、宿谷の滝も一層の神々しさだ。

 

滝を写真で撮るのはとても難しいもの。

ほんの小さな水の流れでも、豪快な滝でも、同じように写ってしまう。

 

上の写真は自転車との対比を狙ったのだが、かえって良くなかった。

宿谷の滝のスケール感がスポイルされてしまった。

宿谷の滝は女系の滝だ。

両岸の岩盤を走る1本の水糸。

奥武蔵の滝の中でも一番美しいと思っている。

だが、その美しさを、なかなか写真で表現できないでいる。

 

私は滝の淵に棲まう守護、八大竜王の怒りかうまいと、

いそいそとその場を後にした。

 

権現堂からのダウンヒルは、濡れた路面が苔むしていて、とても滑りやすい。

ブレーキングを慎重に、ややペースダウンして進んだ。

フェンダーが無いので水しぶきが顔にまでかかってくる。

かつて乗っていたスポルティーフはデフォルトでフェンダーが付いていた。

マウンテンも敢えてフルフェンダーを付けていた。

オールウエザーにはやはりフェンダーが必要かなとも思う。

けれど、写真的には、フェンダー無いほうが見栄えあうるような。

何よりもフェンダーの分、重くなってしまう。

 

【宿谷五常左回り】
 林道宿谷線、中野線、関ノ入線、国道299号線ほか

 Date 2015/7/21
 Dist 16.48km
 Time 58′22″
 Ave 16.9km/h
 Max 39km/h

高麗郷エイト環周遊】
 自宅〜清流〜栗坪〜新堀〜北平沢〜新堀〜自宅

 Date 2015/7/21
 Dist 8.14km
 Time 19′35″
 Ave 25.0km/h
 Max 40km/h

 

 

 

okumusashi-bike.hatenablog.com

 

 

okumusashi-bike.hatenablog.com

 

広告を非表示にする