読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

atarashism@blog

写真家の日常と表現

日本写真家協会創立60周年記念写真展 「おんな」〜立ち止まらない女性たち〜 京都展

東京展に引き続いての展示となります。今回、新は一点のみですが、出展させていただきました。

 写真展では、終戦から現在に至るまでの日本の女性たちにスポットをあて、その歴史をビジュアルに辿ります。敗戦後の困窮の中で日本の家族を支えたのは、まさにお母さんたちの「生きる力」でした。さらに女性たちは、日本の復興と発展に大きく貢献し、その力は高度成長を支え、近年では世界を舞台に多くの日本人女性が様々な分野で素晴らしい活躍をしています。これからも、女性たちはこの「生きる力」を原動力に、その個性と能力を発揮して、この国のさらなる発展に寄与することでしょう。

 

 今回の企画展は、写真の持つ「記録」と「表現」という特性を生かして、日本社会の再建の一翼を担ってきた女性たちの行動の真髄に迫ります。(写真展紹介文より)

 

 出展作家は、秋田好恵、秋山庄太郎、新達也、阿部幹雄、荒木経惟、飯島幸永、飯田樹、生原良幸、石井幸之助、石井正敏、石元泰博、井出行信、伊藤雅子稲越功一、乾晋也、今岡昌子、今西憲之、岩田幸助、内野雅文、榎並悦子、老川良一、大石芳野太田順一、大束元、大西成明、大西みつぐ、大野広幸、奥山和朗、小沢和雄、小澤宏之、小野克巳、小野庄一、掛川源一郎、影山光洋、勝山泰佑、神山洋一、川島浩、川谷石太郎、川村容一、神田川義和、鬼海弘雄杵島隆、岸本勉、北村玲子、木村伊兵衛、木村恵一、木村尚達、熊谷武二、熊谷元一、熊切圭介、倉田精二、桑原史成、児玉房子、小橋川共男、小林光子、五味彬、齋藤亮一、佐伯義勝、坂田薫、佐久間陽三、笹本恒子、佐藤明、佐藤弘康、繁田正、島尾伸三、島田聡、白鳥真太郎、管洋志、管野喜勝、杉山吉良、須田慎太郎、須藤照江、瀬戸正人、薗部澄、高須力、高梨豊、高野俊一、高橋淳子、高橋岑夫、高村規、立木義浩、谷川明生、谷川一也、田沼武能、田村茂、辻口文三、土田智代子、土田ヒロミ、常盤とよ子、土門拳内藤正敏、中川幸作、長島有里枝、永野一晃、長野重一、中村吉之介、中村正也、中村路人、中村立行、新倉孝雄、西川雅子、蜷川実花、根岸基弘、野村佐紀子、ハービー・山口芳賀日出男橋口譲二、橋本照嵩、英伸三、浜口タカシ、濱谷浩、林忠彦、早田雄二、原芳市、東佳子、平川菊雄、福田文昭、福永一興、藤田孝夫、夫馬勲、細江英公、細川和良、細見恭平、松田嘉徳、松本コウシ、松本徳彦、松本路子、丸田祥三、三木淳、南良和、三穂雪舟、宗形慧、宗形繁雄、村上光宏、安勝美、山端庸介、山本和夫、山本カドシゲ、山本敏晴、横道政一、吉田潤、吉永マサユキ、吉村正治、渡部晋也、Hiromix(50音順、敬称略、145名)。

 

■会場:京都市美術館 別館

■住所:京都市左京区岡崎円勝寺町124(岡崎公園内)

■ 期間:2010年9月14日〜9月26日

■時間:9時〜17時

■休館日:月曜日(祝日の場合は開館)

■入場料:一般700円、学生400円

広告を非表示にする