atarashism@blog

写真家の日常と表現

夜明けの荒川・・・ハクチョウたちに会いに行こう

結局、昨夜は終電で帰宅。駅から自宅まで歩いて約20分。自宅に着いたのは午前1時近かった。

 

節分用の煎った大豆をつまみに軽く飲んでから入浴。娘の眠る布団に入ったのは2時を回っていた(昨年秋より、ウツを心配した娘たちが一緒に寝てくれる。中2と高1の娘の間を週替わり・家族揃って川の字というか、この時期、くっつき合って眠る)

 

目覚ましを4時半にセットしたものの、やはり止めたまま再び眠りこけてしまった。5時半、再び目覚め、急いで荒川(旧川本町)へ向かった。

荒川の植松橋を渡ったところで雲間から日が昇る。薄曇りだが、まずまずの天気といったところ。

 

川沿いの農道を東へ。ハクチョウたちの越冬地はもうすぐだ。はやる気持ちを抑えつつ、車を運転。途中、水たまりがビッシリ凍っていた。まだ、今朝は誰も車で通っていない為、とてもキレイだ。この上を通過するのがもったいないくらい、せめて写真に残しておかなければ(*余談だが、昼近くに帰路、同じ道を通ったが、当然ながらすっかり溶けていた)自然の織りなす瞬間芸術・・・

広告を非表示にする