atarashism@blog

写真家の日常と表現

骨董ギャラリー 一印 佐々木浩章作陶展

越辺川のほとりに不思議な空間がある。坂戸市内のギャラリー、一印さんを訪ね、

友人の陶芸家、佐々木浩章さんの作陶展を取材した。

 

*展示は本日まで 終了してからのお知らせとなることをお許しいただきたい。

 

 ■骨董ギャラリー 一印

 □住所 坂戸市赤尾2035-6

 ■電話 049-284-0806

外観は一般的な住宅に見える。が、ひとたび中へ入ると、そこはまったくの別世界。オーナーの審美眼によって集められた味わい深い品々が並べられている。

陶芸家の佐々木浩章さんとの出会いは1991年にまで遡る。

既に18年もの長いつきあいになっているのか。

 

当初、飯能市久須美に陶房を構えていたが、現在は同市南川に久須美陶房・天目指窯を開いている。

 

佐々木さんは背丈も大きいが、心もとても大きい人だ。

誰からも親しまれる人柄から創られる作品は皆、心温まるものだ

 

一印さんのオーナー、小田桐妃呂子さん。

初めてこの店を訪ねたのは10年ほど前のことか。

以来、何度か訪ねているが、変わらない穏やかさで接していただいた。

 

 

今回、一印さんの好意で店内を撮影させて貰った。

中二階がギャラリースペースとなっている。

 

以下、佐々木浩章さんの作品を紹介しよう。

なお、陶芸作品・花器に生けられている季節の花は、オーナーの小田桐さんのアレンジによるものだ。

 

広告を非表示にする