読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

atarashism@blog

写真家の日常と表現

川越の夜明け

写真展の準備やら、残業やら、ブログの更新やら・・・

とにかく、今年初めて事務所に泊まってしまった。雑魚寝である。山と同じ。マットを敷いて、シュラフにくるまって。

 

そんな訳で、正月の最後を締めくくる小豆粥を食べそこなった。一般には1月15日の朝食べる風習らしいが、我が家では昔から小正月の夜に食べていた・・・らしい。松の内も明け、いよいよ今日から一年のエンジン始動といったところか。

 

事務所に泊まることそのものには問題はない。一般賃貸マンションを活用しているので、風呂もシャワーも、暖房も整っているから。問題は寝る時間が不規則になってしまうということなのだ。

 

昨年の秋までは事務所に寝ることの方が圧倒的に多かった。子どもたちとも週に一度くらいしか顔を合わせなかったこともある。まるで単身赴任のようだった。そんな状態がうつ病を悪化させた。

だから、基本的に事務所には泊まらないと、家族で話し合ったのだが・・・

 

川越駅西口。僕は川越工業高校の出身なので、川越には高校時代からの思い出があるが、この西口の変貌振りは目を見張るばかりだ。

 

来週からの写真展のため、今日は一日写真展モードだった。

実はこのblogを更新している今も、まだ事務所にいたりする。。。。。。。。。。

 

それにしても、小豆粥を食べ損なったのは、、、残念( ^.^)( -.-)( _ _)

広告を非表示にする