読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

atarashism@blog

写真家の日常と表現

冬至の空

空か宙 荒川流域 都市近郊 夜景

冬至の夕暮れ。お世話になったまま、疎遠になっていた人の通夜に向かう。

不義理をしようと思ったわけじゃない。

ただ、出かけるのがおっくうなだけだった。

思えばずぅっとそうだった。

自分の都合だけでお世話になり、一段落するとそのまま、結果的には不義理。

人生の中で、そんな人が、どれほどいるだろう。

時々は思い出すこともある。

そう思ったら、会いに出かけるべきなのだ。

 

亡くなってからでは、会うこともできない・・・

 

広告を非表示にする