atarashism@blog

写真家の日常と表現

かけがえのないもの

今朝、長女が修学旅行へ向かった。文化と歴史の宝庫、京都・奈良へ二泊三日の旅。茶の間でのひととき、出がけに膝の上に乗ってきた。本人は椅子代わりのつもりらしいが、中学3年にもなって、屈託無く父の膝に来る娘が愛おしい。

先日、自宅の書棚を整理したところ、こんなプリントが出てきた。

(色調はPCで調整したもの。オリジナルプリントは8×10RCペーパー)

父として、家族にレンズを向けるのは当然だが、

職業写真家としてはそう単純にはいかない。

テーマは? コンセプトは?・・・などと考えてしまうと、シャッターを押せなくなってしまう。

それでも気が向くと、モノクロで撮影することもあったが、そう多くはない。

自宅の暗室環境が無くなってからは尚更で、たまに撮影しても、もっぱらカラーとなり、モノクロ・ブローニーの出番はほとんど無くなってしまった。

 

自分にとってかけがえのない写真て何だろう。

テーマに沿った表現として納得のゆくものが撮れたとして、

それはそれでかけがえのない写真であることは間違いない。

その時その時の、全身全霊をかけ、時には命がけで撮った写真も多い。

しかし、表現にはこれで良いということがない。

もっと、もっと・・・といった飽くなき欲求のようなもの。

言わば際限が無い。

 

反面、プライベートなものである「家族の写真」 

仕上がりはどうであれ、それはどうも写真家にとっても特別なもののようだ。

 

二度と呼び戻すことのできない時間とシーン。

家族が、家族としていられる時間はあまりにも限られている。

その共有した時間をビデオに残すのもいい。

だが静止画像としての写真には、動画には無い「力」がある。

そして家族の存在が、僕の生きる「力」となる。

 


※5/26から始まるJPS展。一般公募作品とともに会員作品も展示される。今回の会員テーマは「日本の家族」だ。この春入会したばかりの僕は出品には間に合わなかったが、家族を見つめ直す良いきっかけとしたい。

 

JPS 日本写真家協会

東京展 東京都写真美術館 B1F 5/26~6/10

関西展 京都市美術館 6/26~7/1

名古屋展 愛知県美術館 7/18~7/22

 

詳細はJPS展案内を

 

広告を非表示にする