読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

atarashism@blog

写真家の日常と表現

響き

ミュージカル 舞台撮影

ミュージカル「キジムナー」(下の記事参照)のクライマックスで全員合唱される歌「響き」

この歌が耳から離れない。

というより、既に100回以上リピートして聴いているが、一向に飽きることがないのだ。

それどころか、聴くたびにグゥっときて、泣かされてしまうのだ。

 

何より詞がいい。その根底に流れているコンセプトが素晴らしい。

 

「命は一枚の大きな布 すべては繋がっている」

 

このコンセプトを元に詞が作られた。

そしてまた曲がそのイメージを大きく広げてくれる。

 

曲を紹介することはできないが、詞は紹介できる。

ここは何としても掲載してしまうことにしよう。

 

 

 

「響き」作詞:田中暢  作曲:Matsunobu

 

ひとつ ひとつの

こころを紡いで糸として

ひとり ひとり

花を編むように織り上げよう

 

あけ色 藍色 山吹 若草 露草

 

糸はある そこにある

君の中に そして僕の中に

 

糸を寄せて綾なそう

それは未来を咲かせる 響きとなる

 

 

ひとつ ひとつ

心を紡いで糸として

ひとり ひとり

花を編むように織りあげよう

 

草も 虫も 魚も 人間も 町も

 

糸はある そこにある

君のそばに そして僕のそばに

 

糸を寄せてつま弾こう

それは夢をかなえる 響きとなる

 

 


 

ミュージカル「キジムナー」の音楽CDアルバムが発売されています。

詳細はさんたま憲法ミュージカル事務局へお問い合わせください。

広告を非表示にする