読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

atarashism@blog

写真家の日常と表現

巨樹巡礼

武雄の楠(佐賀県武雄市)■Mamiya 7 4.5N/50mm RVPF

福岡展の合間、長崎方面を巡った。

戦後61年、この機会に原爆と戦争、そして平和に対して、

今一度自分なりに見つめる必要に駆られたからだ。

長崎市内を巡るのは20年ぶりのこと。

当時、仕事でさぁっと流し見てしまった被爆の痕跡が重くのしかかる。

訪れたのは8月6日。広島に人類史上初めて原爆が投下された日だ。

晴れ渡る空。じっとしていても汗が溢れ出る。

 


この春、「少年がいて」という市民ミュージカルにご縁があった。

長崎へ原爆投下後、現場を記録したジョー・オダネル氏という米軍従軍カメラマン。

ミュージカルは彼のたどった軌跡と長崎の写真で構成され、

平和と憲法第9条について考える。

私の役割はオダネル氏の写真をプロジェクターで投影するため、

写真集をスキャンすること。

(勿論、複写の許可は得てのこと)

累々とした被爆者の姿、一瞬のうちに何もかもが破壊しつくされた街。

筆舌しがたい光景を一点一点、丹念にスキャンし、補正してゆく中で、

瞬間、オダネル氏の目線とダブった。

写真集「トランクの中の日本—米従軍カメラマンの非公式記録 」

 


クマゼミの時雨の中、私は長崎を巡った。

オダネル氏の写真がずっと脳裏に焼き付いている。

彼の写真集の中に爆風で吹き飛ばされ、

一本の柱だけで立っている石鳥居の写真があった。

爆心からおよそ800m、山王神社の二の鳥居で、

今もそのままの状態が保たれている。

社殿前には2本の楠がある。

被爆直後、ほとんど立ち枯れた状態から奇跡的に芽を吹きかえした楠。

樹木の持つ生命力をこれほど物語る出来事はないだろう。

 


再び長崎から福岡へ向かう途中、

佐賀県武雄市に立ち寄った。

武雄神社ご神木の大楠に会いたかった。

推定樹齢3.000年。国内で6番目に大きな木だ。

この木の前に立つのは3度めとなる。

奈良県十津川村玉置神社神代杉とともに、心底畏敬を感じた木だ。

 


自然界と、そこに潜む目に見えないものに畏れを感じること。

そこから人と命に対する謙虚さが生まれると信じる。

山王神社の楠しかり。武雄神社の楠しかり。

もの言わぬ木々から受け止めなければならないことが、

現代に生きる人間にとってどれほど多いか知れない。

 

福岡展の帰路、私は広島市平和記念公園を訪れた。

その時の様子は別の機会に書ければと思う。

広告を非表示にする