atarashism@blog

写真家の日常と表現

EARTH-BLUE DAY'S

■Rollei 35RF Sonnar2.8/40mm HFT RVP100

一点の曇りもない、抜けるような青空が好きだ。

秋から冬にかけ、太平洋側はそんな空の日が続く。

どこまでも蒼く、シャープな空気感。

 

しかし、いかにシャープに見えようとも、現代の大気は霞んでいる。

遠方の視界が見えにくくなったのは、何も目が悪くなったせいだけではないだろう。

平安の時代、伊勢の海辺からも富士が容易に望めたという。

おそらく好天の日には当たり前に見えたのであろう。

 

それが更に太古の時代だったらどうか。

大気は果たしてシャープだったか。

列島には活火山がひしめいている。

あちこちから噴煙が上がり、澄んだ空どころではなかったかもしれない。

 

自然界はいつも単調で同じようでいて、

実は絶えず変化している。

そうとなればこそ、この希有な瞬間を真摯に生きようではないか。

広告を非表示にする