atarashism@blog

写真家の日常と表現

けもの道・荒川源流・埼玉

 

けもの道を辿って行くと、やがて大きなカツラに出合った。

どれくらいの時代を生きて来たのだろう。

伐採を免れ、今この時代に森の賢者として多くのことを語りかけている。

 

けもの道はそのすぐ真下を横切っている。

カツラが結界となり、森の生き物たちは守り育まれているようだ。

私は深く頭を垂れ、そこを通り抜けて行った。

 

2004.11.16 Canon EOS1N EF24-85mm RVP100

広告を非表示にする