読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

atarashism@blog

写真家の日常と表現

岳樺 の夏

これも古い写真だ。

「岳樺#3」と同じ沢沿いで25年前に撮影したもので、

私が22才の時のもの。

特にどうということのないものだが、それなりに思い入れのある写真の一つ。

なぜなら、日本アルプス初体験で撮ったものだから。

 

この頃からコダック製のコダクロームというリバーサルフィルムを使い始めた。

それ以前の国産フィルムで撮ったものは退色が著しく鑑賞に堪えないが、

このコダクロームは今でも鮮明な発色に感心する。

もっとも今はデジタルが主流なので、退色なんて関係ないかも知れないが、

フィルムにこだわる私としては、こと退色とカビの問題は重要だ。

 

画像ではわかりにくいが、驚くほど抜けの良い空だった。

手持ちのレンズが格段にシャープに思えたほど。

それほど、大気が澄んでいたということだろう。

(スキャナーでの補正はオリジナルフィルムの色調に近づけることに専念している)

 

1979.8 山梨・北岳・大樺沢

Canon FTb FD24mm F2.8SSC KR

広告を非表示にする