読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

atarashism@blog

写真家の日常と表現

空に感じること

空か宙

台風の影響で不安定な気流の中、

ようやく青空が顔を覗かせた。

絶えず西からの風が吹き上げてくる稜線で、

旨い空気を腹一杯吸ってみる。

肉体と精神に新しい活力が湧き上がる。

都心からほんの僅かしか離れていないのに、

空気がこんなに美味しいなんて。

空がこんなに深く、蒼いなんて。

 

智恵子は言った。

東京には空がない。

彼女の言葉の真意はさておき、

やはり、東京の空は死んでいるな。

 

旅からの帰路、

東京に近づくにつれグラデーションのようにくすんでいく空を見ながら、

いつも感じることだが。

(近頃は都心だけではない。周囲一都三県、瀕死の重傷だ)

 

2004.7.6 山梨・北岳稜線より

Canon NF1 FD28mm F2.8 RVP100

広告を非表示にする