読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

atarashism@blog

写真家の日常と表現

湿原の朝

随分古い写真だ。

もう20年以上も前になる。

私が24才の時に撮ったものだ。

 

埼玉の自宅から自転車を漕いで尾瀬まで向かった。

三脚、35ミリ、ブローニーカメラまで持って・・・

元気が良いというか、バカというか。

 

とにかくエネルギーが余っていた。

何かに体ごとぶつかって行きたかった。

 

湿原の木道でビバーク(ごろ寝)して夜明けを迎えた。

燧岳の方角から朝日が差した。

朝モヤが黄金に輝き、池塘に反射した。

 

初めての体験だった。

心は未知なるものへの好奇心で躍っていた。

 

1981.8.15 群馬・尾瀬ヶ原

Canon F1 FD50mm F3.5Macro KR

広告を非表示にする