atarashism@blog

写真家の日常と表現

乗鞍岳

夜明け前。

山頂にかかる雲が真っ先に日に染まる。

折しもペルセウス流星群の極大日。

未明には幾多の光跡が流れていった。

 

神の山・乗鞍に朝の光が差し込む頃、

眠い目を擦りながら、登拝準備にかかる。

 

1999.8.13 長野・位ヶ原より乗鞍岳山頂方面を望む

Canon NF1 FD35mm F2 RVP

広告を非表示にする