atarashism@blog

写真家の日常と表現

高麗郷

祝・高麗郡建郡1300年記念

高麗郡建郡1300年を記念して 高麗神社・ひかりの参道 2016年5月 平成28年(皇紀2676年)5月16日(月)、旧高麗郡(現日高市とその周辺自治体)は建郡から1300年めという節目を迎えました。 大和朝廷の命を受け、高麗王若光を郡司とした「高麗郡」がこの地(…

野々宮神社の獅子舞

奥武蔵は獅子舞の宝庫。 春から秋にかけて、各地で奉納される。 中でも秋の豊穣を祝う祭りは、これから毎週のようにあちこちの神社で舞われる。 その一つ。日高市・野々宮神社の獅子舞、今日が本番だ。 昨日、10月3日、「揃い」の稽古舞を見に行った。 今年…

雨上がりの高麗川 新井橋

高麗川に掛かる幾つかの木造橋の一つなんだけど、 雨に濡れた木目の光沢がとても美しく見えるんだ。 コンクリートやアスファルトでは、この味は出ないよね。 新井橋は地元では通称ガタガタ橋と呼ばれているのだけれども、 ある大洪水の時に、橋が冠水してし…

高麗川を歩いた 川のまるごと再生プロジェクト 現地確認 出世橋〜天神橋

*お知らせ* 今後、高麗川 川のまるごと再生プロジェクト関係の情報は 奥武蔵ネットニュース でお伝えして行きます。 本ブログでは当初の目的どおり、自転車で楽しみながら、 奥武蔵の素晴らしさを紹介できればと思います。 今後ともよろしくお願い致します…

横手渓谷へ 消滅した渓谷美

日没近くになって、夕涼みのポタリング。 横手渓谷の日差しはとうになく、 はるか積乱雲だけが、残照に輝いていた。 ここに遊歩道が完成したのは、2012年2月のこと。 横手渓谷の美しさは・・・ - Wind of まどかblogs.yahoo.co.jp それまで樹木(もしくは草…

高麗川を歩いた 子どもたちの適応力に目をみはる! 巾着田〜摩利支天

何年ぶりかの「高麗川を歩く」プロジェクト。 今回は清流青空保育の会 ぽのぽのさんの主催で、 小中学生中心に、保育児の兄姉、保護者の方々総勢23名で歩いた。 行動時間は昼食を含め、およそ5時間。 スタート地点は、巾着田管理事務所前(トイレあり)とし…

高麗川 川のまるごと再生プロジェクト 日高市の場合

埼玉県西部を流れる高麗川・高岡橋上流。この写真画面向かって左側の林沿いに、大規模な遊歩道が造られようとしている。高麗川は流れの緩やかな場所が多く、その気にさえなれば、遊歩道など無くとも、いくらでも歩けるのだ。(2007年撮影) このプロジェクト…

高麗川を歩こう 水辺からの目線が人間力を養う!

出典:奥武蔵ネット 10年以上前の企画だが、地元小学校の子どもたちとともに、高麗川の源流を目指して歩いたことがある。数年間に渡った企画だった。 その後、忘れた頃になると、人づてに川歩きや、川の話をする機会があり、 来週、久しぶりに小学生中心に十…

林道清流線の解放を 奥武蔵グリーンライン、近郊からのアクセス利便性を高める

夕暮れのショートヒルクライム。 駒高左回り10Kmコース。 タイム的には、初めて登った時と比べると約16分短縮できた。 先ずは自宅近くの峠を目指す - 自転車で綴る奥武蔵okumusashi-bike.hatenablog.com 疲労度も、かなり緩和。 脚力、筋力が付いてきたとい…

林道関の入線から権現堂へ

午前中は氏神様(高麗神社)の拝殿増築上棟式典へ。 台風一過、梅雨明け一番の晴天に恵まれ、 空の蒼さが氏子としても少なからず心に染みる。 日中は暑さでとても自転車に乗る気が起きなかったが、 夕暮れ時となって友人宅を訪れがてら、 今日は新たなコース…

早朝の一走り

4時起床、いつのもように家族の為の味噌汁作ってから、朝のひとっ走り。 今朝も駒高へ。天気は、曇り。 前日の疲れがまだ足に残っている。 高度差230m、走行距離10kmあまりではあるけれど、 今の自分にはこれが精一杯。 それでも、続けて行けば少しずつ峠道…

雨上がりの夕方 再び駒高へ

二日間降り続いた台風11号余波の雨もようやく止み、夕方18時半、再び駒高の峠へ出かけた。 前回よりも意識的にピッチを上げ、今の自分としては精一杯のペダリングでもって登って行く。 精神的にも、初めてトライした前回と比べ、疲れ具合は変わらないが、だ…

先ずは自宅近くの峠を目指す

私の暮らす奥武蔵・高麗郷(日高市)は東が関東平野、 西は奥多摩、奥秩父へと連なる関東山地の一端となる。 自宅からほど近い、日和田山(305m)、高指山(332m)。 その北部に駒高という地区がある。 自宅周辺の標高が約90m、駒高の峠がおよそ320m, 高低差…

東空

夜明けの東空、今朝の奥武蔵。 pic.twitter.com/QExmZQP1sK — Atarashi Tatsuya|新逹也 (@atarashism) 2014年11月2日

ヤオヨロズ #1

ヤオヨロズ プロジェクト、始まりました。 #1 ヤタガラス編 その1 演出・出演:香春、撮影・編集:新逹也、制作:季節舎 YAOYOROZU #1 The Season of the Great Raven Vol.1

謹賀新年

投げ出さず訪問してくださる、数少ない皆さん、本年もどうぞ宜しくお願い致します。 今年はもう少ししっかり投稿したいと思いますので、どうか、気長にお待ちくださいませ。 早速ですが、正月の二日ということで、自宅から徒歩で周囲の低山を散策周遊してき…

水辺・ミヤマアカネの産卵

写真展・写真集「奥武蔵・彩」より撮影:1980年11月場所:奥武蔵・巾着田Canon F-1 FD 200mm F2.8 with Extension Tubeこの年の7月に父親を亡くし、ナーバスな日々を過ごしていた頃のこと。末の弟はまだ高校生。都内の貸しスタでスタジオマンとして修行中で…

庭の収穫物

いよいよはびこってきた庭の草たち。思い切って刈り込んだ。 その前に、あちこちに半自生している蕗を収穫。 こんなにたくさん、いったいどうするの? Panasonic LUMIX DMC-FZ38

森の妖精

ヨガスタジオとのタイアップ撮影。 自宅付近の川沿いにケヤキの巨樹がある。 今回、この樹に抱かれるように、根本に座って貰った。 というか、高さ5mほどのところまで、登ってもらった。 赤ちゃんを背負いながら、母は果敢に根本までたどり着いた。 滑って落…

スピリチュアル・ヨガ

ヨガスタジオとのタイアップ企画。 奥武蔵の自然に抱かれ・・・ヨガ・インスピレーション えりぃさんのブログ。 LoveYogaStudio_BabyCute

二ヶ月半の赤ちゃんと。。。ヨガ・ビューティ

ヒガンザクラ見頃

自宅にほど近い寺院の境内にあるヒガンザクラ。 例年だとすでに葉桜となっている頃だが、 今年は特別。 ようやく見頃となった。 毎年一回はレンズを向けるのだが、今朝も愛犬の散歩ついでに、パチリ。 10年以上前になるが、台風で幹の上部が折れてしまい、以…

ミモザ

ご近所のミモザが花を咲かせた。 そろそろ見頃。この季節、鮮やかなYellowが一際目立つ。

卒業式

母校の学校評議委員なるものを引き受けている。 その関係で今日は卒業式に出席した。 晴れ渡る空の下、絶好の卒業式日和となった。 卒業生31名。 けして過疎地ではないのだが、少子化が顕著だ。 子どもたちの未来に希望の光よ、輝け♪

ふるさとの山

久しぶりの快晴だ。 この一週間は本当にしんどかった。 天候不順で気分は優れない、腰は最悪な状態で、立っていても辛い状態だった。 しかし、今日は、気分がいい。 雨はきらいではないけれど、やっぱり晴れていたほうがいい。 2週間ぶりに鍼灸院に行った。…

高麗川・靜流

本日はちょっとした記念すべき日だ。 というのも、このブログを再開した昨年の12月来、 ようやく過去の記事の更新が一応完了した。 いままで、更新するより、撮影するカットの方が多く、 なかなか撮影当日の更新が間に合わないでいた。 なので、常に過去に…

草木然2009 高麗川流域

自宅からほど近い所を流れる高麗川。 その川筋にはケヤキやカシなど、広葉樹が多く生育している。 中でも3カットめのケヤキはおそらく高麗川筋で屈指の巨樹ではないだろうか。 その根本は水辺に迫り、増水時には冠水することもある。 そのため、根は横へ横…

庭先の四季 雪から雨に

自宅の庭に今年初めての雪が積もった。 雪はミゾレとなり、やがて雨に変わった。

快晴の朝 自宅にて

昨日までの南風がうって変わって、今朝は再び北からの空気感だ。 我が家の屋号は「梅本」という。 かつて大きな梅の木があったとか、 梅本という坊があったとか・・・ 今の梅は僕が小学生の頃植えられたものと記憶する。 始めは梅の実をもぐため低く剪定され…

庭先の春・・・初めての鍼灸

ゆっくりめの朝。 霜が解け露となっていた。 ホトケノザがあちこちに目立ってきた。 立春を過ぎ、春が足元に広がっていた。 夕方、知人の強い勧めで鍼灸院に行った。 先日やったぎっくり腰の治療もそうだが、 何よりもウツを治すためにも鍼灸は効果的だとい…

霜の朝

今朝は大霜が降った。 以前にもこのBlogに登場した近所のRちゃん。今朝は乳母車ではなく、愛犬の大吉を連れて、自力であるいてお散歩だ。子どもの成長は早い。日々大きくなって行く。それは、体格だけでなく、精神的な成長も含めて。親子がユニットとして親…

おとなり・・・

お隣のツルちゃんとMちゃん。肩車はやっぱり父ちゃんの出番だな。ツルちゃん家族がお隣に家を建て越してきてからかれこれ7年ぐらいになるのかな・・・ 上の二人は他所で生まれたのだが、Mちゃんは高麗(僕らの住んでいるところ)生まれなんだ。 過疎化では無…

雨の巾着田

朝からぐずついた天気だったが、夜眠れたので体調はまぁまぁ。 母校の高麗小学校の会議に出席した。 実はこの春から学校評議員なるものを引き受けることになり、その定例会議だった。 会議と言っても、学校の現況報告に対し、感想、意見を述べるといったもの…

雨上がりの朝

雨上がり、朝靄の中、犬と散歩しながら近所を撮影。 雨上がりの朝、晴天が見込まれたらそれは撮影のチャンスだ。前夜の天気予報を参考に、先ずは早起きしてみよう。木々は瑞々しく、世界が輝いて見えることだろう。

伐採、始まる・・・

14日の記事で投稿した写真の杉林の伐採が始まった。 作業をしているのは、鈴宗建設の親方、はっつぁん。うちとは隣組関係であり、地域や神社に対する貢献も大きく、地元の信頼が厚い人なのだ。 そのはっつぁんにちょっぴりお願いした。地主(我が家のすぐ前…

奥武蔵あれこれ

6:00に起きるも今朝は頭がぼーっとしていた。頭痛も少しあり。寝不足か。うつ病に限らず、睡眠が第一なことは判っているのだが。 近々伐採されてしまう自宅脇の杉林。この木が無くなったらさぞや殺風景になることだろうな。 ハイキングコースにもなっている…

巨大な飛行機雲・・・

高麗郷の天空に長大な飛行機雲が出現した。東から西へ、天に掛かる巨大な橋。その全貌を捉えるには標準ズームレンズでは無理がある。こんな時こそフィッシュアイの出番なのだろう。残念ながら持ち合わせてはいないが・・・ こんな飛行機雲が現れるのは、やは…

野焼き・仕事始め

ご近所(カズさん)の畑でクズっぱを燃していた。近頃は野焼き・たき火もうかうかとはできない時代だが、これも田舎に根付いた文化だ。灰は上等な肥料にもなるのだから。 カズさんはうちにじいちゃん(茅葺き屋根職人)の最後のお弟子さんだった人。時代の流…

自宅の庭とその周り

庭から望む日の出。 年末、もぎそこねたユズを家族総出でもいだ。木に登るのは僕の役。娘と女房が下で待機する。母親は、現場監督だ。 さて、収穫したユズ。霜に当たり、表面は汚れているが、ジャムにはなるか。

朝霧に包まれた日

夜明けの高麗川を撮影した。 ごくありふれた朝のように思えたが、 にわかに湧き上がった霧に、全てが包まれていった。 少年の頃、朝霧は格別珍しいものではなかった。 小学校通学時、霧の中に見え隠れする一列に並んだ黄色い学帽は、 忘れることのない印象の…

心の病と共に 2

ちょっと前になるが、先週の土曜日のスナップだ。 自宅から最寄りの駅まで、徒歩で25分あまり。程よい散歩コースだ。 この日は天気が良く、気持ちも穏やかだったので、電車で川越の(仕事場)事務所まで行くことにした。 自宅からほど近いところを流れる高麗…

絹さや

母が丹精込めて育てている様々な野菜。一年を通して我が家の食卓で欠かすことのできない貴重な植物たちだ。 今年、喜寿を迎えた母は数年前からリウマチで苦しんでいる。その痛い手足を引きずって、せっせせっせと畑へ向かう。 畑ではサヤエンドウが可憐な花…

夏の点描

写真展のツケが一気に出た形で、溜まりに溜まった画像処理に追われています。 その合間、自宅の庭先で久しぶりのクローズアップ。 この手の写真は出合いと発見が全てだと思いますが、 先ずは、気持ちにゆとりがないと、うまく撮れませんね。 共通データ:EOS…

里山の初夏

MAMIYA 7Ⅱ 4.5N/50mm Konica 400 CENTURIA ある写真家が言った。 里山とは、人の暮らしの周辺にある山を差す。と。 従って里の暮らしや田畑の風景は里山とは呼ばない。と。 写真は我が家の裏山。 典型的な里山だ。 だが、私は里山に暮らしているとは、言わな…

A Happy New Year !!2006

■EOS10D 3.5-4.5/24-85mm あっという間の一年が過ぎ、いよいよ2006年の幕開けです。 昨年はけっきょくほとんどBlogの更新ができませんでした。 仕事疲れ半分、ネタ切れ半分ということで、遠ざかってしまっていました。 それにも関わらず、毎日ポツポツと訪れ…

EARTH-BLUE DAY'S

■Rollei 35RF Sonnar2.8/40mm HFT RVP100 一点の曇りもない、抜けるような青空が好きだ。 秋から冬にかけ、太平洋側はそんな空の日が続く。 どこまでも蒼く、シャープな空気感。 しかし、いかにシャープに見えようとも、現代の大気は霞んでいる。 遠方の視界…

酒の肴にはなりますまいが

■Mamiya RZ67 by6X6folder KL4.5/127mm+Extender NO.1 RVP100 ::CoconeilさんにTrackback… 関東の冬は晴天続きだ。特に12月は冬型の気候が安定している。 その分、日本海側は雪に見舞われることが多い。 だが、雪の多い地方の人間に言わせると、関東の冬は…

気分一新

■Mamiya RZ67 by6X6folder KL4.5/127mm+Extender NO.1 RVP100 ずいぶん長らくこのBlogから遠ざかっていた。というより、自分の関係するWebからいっさい離れていた。HPの更新も頓挫したまま。こんなことがしょっちゅうだ。 「継続が力なり」とはよく言われる…

朝焼け・日和田山・埼玉

関東の低山はかつて照葉樹林で覆われていた。 その片鱗は各地に点在する鎮守の森だ。 カシやシイが生い茂っている森をあちこちで見ることができる。 その点、写真のような落葉広葉樹、 とりわけ、コナラやクヌギは生活に必要なものをたくさん供給してくれた…

ご来光・日和田山・埼玉

新年のご来光を家族で拝する。 元旦は多くの人で賑わい、お祭り騒ぎなので、 我が家では2日に参拝することにした。 太陽を遙拝することで、初詣とする。 自宅から歩いて30分あまりのところにある小高い山。 小学生の娘二人の歩調に合わせていたら、 けっき…